Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/lovemac/public_html/aquaroom/wp-content/plugins/iwphone.php on line 45 Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/lovemac/public_html/aquaroom/wp-content/plugins/iwphone.php on line 45   Aqua Room in DAIKOKU   » 2006 » 11

  Aqua Room in DAIKOKU  

    African Cichlids / Plecostomus / Corydoras & Other      since 07/01/2006

Archive for 11, 2006

ムブナの熾烈な戦いは続く(Battle of MBUNA)

30th 11 2006

ムブナ = MBUNA

マラウィー湖アフリカンシクリッドの種別の大別で、 ハプロ種とムブナ種に分けられています
ムブナは、マラウィー湖の岩場を主な生活の場としている”と言われています。

アフリカンシクリッドの中でも、気の荒い子達がおおいですねー!

enma28.jpg

(閻魔やん)ラビドクロミス・カエルレウス VS メラノクロミス・マインガノ
初めて、見たときは、くるくると楽しそうに回って遊んでいるなー!と思ったものでしたが、それは、大間違いでした。

お互いに、かなり体が柔らかく、小回りも利くし動きも抜群に速いため、このような追いかけっこになるのでしょうか?

何時間も延々と続く事も多々ありますが、
最終的には大きな口を開けて、お互いに”がぶっと”いきたいようです。困ったもんですが、見ていて、面白いのも事実ですね^^)

共に、ほぼ成魚と言って間違いないと思います。
ムブナ”NO1″の座を譲るわけにはいかない、閻魔やん”を私は応援しています^^)

なんと言っても、この子が私をアフリカンシクリッドの世界に引き込んだ張本人ですからね!
負けてもらうわけにはいかないんですよね^_@

Posted in マラウィー | 4 Comments »

懐かしいかな^_^ この姿!(ラビドクロミスspホンギ)

28th 11 2006

ラビドクロミスspホンギ

hongi_etc1.jpg

この写真の頃は、まだまだ、幼魚っていう雰囲気がいっぱいです。

結構、隣に写っている、カルバス君(タンガニーカ湖)とも仲が良くて、可愛い時の写真です。

なかなか、お目にかかれない、この子ですから、今は亡き!
かなり、寂しい私です。

マラウィー湖のホンギという地域で、生息しているから、spホンギって言われます。
なかなか、AF専門ショップでもお目にかかれませんよ!

PS : 成魚参考写真

本当は、もっと成魚になると、こんな感じ

Labidochromis sp. “Hongi

Posted in マラウィー, タンガニーカ | 4 Comments »

ニンボクロミス・フスコタエニアタス(Nimbochromis fuscotaeniatus)

27th 11 2006

それにしてもアフリカンシクリッドの名前って、どうしてこんなに長いんでしょうね?_^)

ニンボクロミス・フスコタエニアタス
学名 : Nimbochromis fuscotaeniatus

学名と、通称がそのまんまですから、覚えにくいでしょ^^)

husko11.jpg

雄雌判別不能な幼魚の頃に、京都熱帯魚さんから連れて帰ってきました。

当時、7cmくらいで、色は黒っぽくて、全くフスコタエニアタスな雰囲気もなく、大きくなるのを楽しみにしていましたが、、、、。

この子、女の子ですね! 多分、間違いないでしょうね!
今となっては、サイズも10cmを超え、色も少し青くなってきましたが?

成魚の雄の場合、こんな感じで青くなりますね(図鑑参照)

かなり大きくなる種類なので、もしかすると、もっと発色してくれるかもしれませんが
あまり、発色の期待をしていない私です。

この子も、白点病、水カビ病を併発しましたが、復活しました^^)
やっぱり、アフリカンは強いです。。ありがとう!

Posted in マラウィー | 2 Comments »

白点病からの復活!(Labidochromis caeruleus)

25th 11 2006

以前、アウノロカラspルワンダが、争いからボロボロになったのですが

ボロボロに!_?(Aulonocara sp.”lwanda” )で、書きましたけど。

この後、水カビ病なり、自然治癒を待っていて、金魚と混泳させたのが間違いでした。
まさか、白点病を餌である、子赤からもらってしまいました。

白点病とは気づかずに、メイン水槽をセパレータで分け、ルワンダを戻したのですけど、
その時既に、白点病がメイン水槽に蔓延してしまいましたね! 大失敗でした。

enma10.jpg

この、閻魔やんこと、ラビドクロミス・カエルレウス君も白点病をわずらいましたが、完治しました。
やはり、ムブナは、岩組が似合いますね^^)

この子達は、白点病にかかると、体が痒いのか、頻繁に石や岩に体をこすりつけ、あげくには自分の体をボロボロにしてしまいます。 悲惨な姿になります。

治療方法は、まず、水槽の水温を30℃〜32℃くらいにあげて、白点虫の成長をそそり、体内から、白点虫を出す事。

そして、グリーンFクリアー(お薦め)等の、薬を規定量を投入し、3〜5日で、1/3の水換えと同時に、再度、適量の投薬です。
そして、一週間ほど様子を見る。

混泳の水槽の場合、全員が同じ時期に発病するとは限らないので、毎日の観察が大事です。
全員が完治するまで、上記の作業を数回繰り返せば、全員を救う事が出来ます。

我がメイン水槽では、残念ながら、ルワンダ君と、ラビドクロミスspホンギ”が助かる事なく、今は、天国です。

他には、病気に弱いとされる、プレコ君(サッカープレコ)25cm
シノドンティス・エウプテルス×2人”を犠牲にしてしまいました。

アフリカンシクリッドは、病気にもかなり強いですが、やはり、対処が遅れると悲惨な結果が待っています。

Posted in Aqua Life & Info,  アフリカンシクリッド, なまず達 | 6 Comments »

Co.パンダ君 Baby誕生しました Panda Baby!^_@

24th 11 2006

co.pandababy.jpgscotcatさんの画像

我が家の、メダカ、アナバス、アカヒレ水槽にいる、Co.パンダ君!_^)

なにやら、やってくれましたね^_^  稚魚を発見しました。

現在、5mmから10mmくらいの大きさの子が、確認出来たのは、5名ほどの稚魚です。

ウィローモスが伸び放題な状態だったので、少しトリミングをしようとした矢先でした。

一匹の小さな小さな、パンダらしきかわいい子を発見し、水槽内の全水草とレイアウトの流木等を一旦撤去し、確認出来ました。

全員、既に、Co.パンダな模様がくっきりとしていますね。

今また、水草等を戻しましたから、なかなか見る事ができませんが!

写真が撮れないのが悔しいですが、無事に、グーラミー君達に、食べられる事なく、大きくなってくれますように!

パンダ君はかなり好きなコリドラスですから、かなり、嬉しいビックリでしたね^^)

Posted in コリドラス.他いろいろ | 2 Comments »

レンジャーインペリアル (Peckoltia sp from Peru)

24th 11 2006

新種だとか、謎のプレコとか言われているレンジャーインペリアルくんですが

最近は、その謎も解明されつつありますね!

rainger10.jpg

購入当初(2006/3月頃)の写真ですが、サイズが2cmくらいでしたが

今や、こんなに大きくなりましたね、たったの8ヶ月ほどです

rainger11.JPG

今や、サイズは12cmくらいは十分にありますよ。

見た目は、ほぼセルフィンプレコに近いですね。
実際に、背びれはまさしくセルフィンです。

正直な感想として、可愛くもないし、綺麗な種類でもないし、大して面白いと感じる事もなく! ですね。 2人もいますけど^^)

Posted in プレコ | No Comments »

ゴールデン・グーラミー(Golden Gourami)

23rd 11 2006

ちょっと、気に入った写真が撮れたので、アップします^^)

何が気に入ったっていうと、何となくですね〜^_^*/

anagold11.jpg

最大サイズが8cmとか10cmとか言われていますが、実際にはどれ位迄大きくなるのでしょうかね?

1年ほど前に、4cmくらいでうちに来ましたが、今や、8cmくらいまで大きくなりました

改良品種ではありますが、なかなか魅力的なお魚です。

真っ赤なアカヒレ君との、色のバランスが好きなんですよ。

また、この大きさの違いも案外、絶妙な組み合わせかな?_^)

Posted in メダカ・カラシン・アナバス・コイ | 2 Comments »

Co.Panda & Blonze & STERBAI

21st 11 2006

相互リンクをはらせて頂きました。にも関わらず。
I Love Colydoras! コリドラス大好き!様、ありがとうです。

あまり、コリドラスの紹介をしていなかったので、ここに、お馴染みさんを紹介です。

我が家の、コリちゃん達。

まずは、一般的には、普及なんてもんじゃないですね。赤コリ君です
Co.AENEUS (Bronze corydoras )

coakakoli1.jpg

ぶくぶくと太っていますね、多分、お腹に卵を持っていると思いますが。。
独身だからでしょうね、産卵はありません!

パンダ君とステルバイの2ショットになりましたね。^_^)

copanda1.jpg

Co.PANDA (Panda catfish, Panda corydoras)
Co.STERBAI

後ろに、写っているのは、Co.バーゲシーspアマパエ君ですね。

我が家には、この水槽と隣のメダカ君達の水槽に合わせて、8人のパンダ君がいます。
私、このパンダ君が大好きなんですよね!

たった一人だけ、WILDの子がいますが、今や、誰がその子なのか?
わからないくらいに、みんな大きく育ってきましたよ^^)

ステルバイ君も、4人いますが、うち1人がWILDな子なんですが、大きさが全く違うので、ステルバイ君については見分けがすぐにつきます。

それにしても、最近、コリドラス君の値段が、かなり高くなってきましたね。

ちょっと、その値段の高さに疑問を覚えていて、あまり、新入り君が我が家に来ないのですよね!

ちょと、寂しいです。。

Posted in コリドラス.他いろいろ | 2 Comments »

大きくなってよ、(Altolamprologus compressiceps)

19th 11 2006

conple1.jpg

最悪な写真写りですね^^)

やっと、出てきたので、取り急ぎ撮ったらま〜! 最悪な^^)
もう我が家に来てから、かなりになります。

確か、今年の1月にはこの子は、3cmくらいでうちにきましたね!
未だ、成長せず、現在のサイズは4cmあるのかな?

カルバスブラックやホワイトよりも、成長が遅いです。

もう一人いますが、出て来ないです、サイズ的にはもう一人の子のほうが大きくなっているのですがね!
その子も、なかなか前には出てきてくれません:T_T;)

種類的には、アルトランプロログス・コンプレシケプス・オレンジになります。
イエローやゴールドやといろいろと地域により数種類が存在するようです。

Posted in タンガニーカ | No Comments »

最近の我が、水槽達^^) All Tanks

18th 11 2006

メニューの、My Tanks の画像を更新しました。

下段の奥には、緊急時等に備えて、小さい水槽も常時用意はしています。

全体的な、今後の計画としては、水槽台をまずは、一回り大きいものにする。
現在、45cmの奥行きの水槽しか置く事が出来ませんから、60cmの奥行きを確保したいですね!

zentai2.jpg

私は、アフリカンシクリッドのマニアになってしまってますが、そんな小さなカテゴリーにこだわる事なく、いろんな熱帯魚と接して行きたいと思っています。

あくまでも、夢に過ぎないけれど、出来れば、巨大な水族館にでもあるような水槽で。

アマゾンゾーンとか、アフリカンゾーンなんていう水槽が作りたいですね!_^)
大型魚との夢の混泳なんていう、小さなカラシンやCo.パンダの共存共栄なんてのが夢です。

アロワナがジャンプしても、そこには餌となる昆虫が葉っぱの陰に隠れていた〜!
そんな、自然なお魚の姿が見れたら、アクアライフの極みでしょうか^^)

わたしも、出来れば一緒に泳いでみたかったりしますけどね^^)

そんな夢を見るのも、アクアライフの楽しみなような気がしますが^_@)

PS : あ、、そうそう。。!
書き忘れました〜!_^)

本日、伊丹エンゼルさんに行くと、前からいた子なのですが、フライエリ!
スキアエノクロミス・フライエリ(H.アーリー)が、まさか、これが東南アジアのブリードの子なの?

そんな事を思うほど、カッコいいフライエリに育っていたので、連れて帰ってきましたよ^^)
写真が上手く撮れれば良いのですがね!

Posted in Aqua Life & Info | 2 Comments »